藤原照康さんとこの幻の名刀

藤原照康さんとこの包丁。

002_20160801072954443.jpg

003_2016080107295748f.jpg


青山熊野神社ではなんだか持ってくるお客さんがけっこう多い。
もちろん木屋とかグローバルなんかの方がずっと多いんだけど、そういうメジャーレーベルより流通量がずっと少ないインディーズみたいな包丁で、形も特徴的なので、印象に残るのである。
いろいろ気に掛かることがあるメーカーだけど、包丁自体はいいと思う。

青一だか白一をステンレスで割り込んだ三枚鋼が使われている。自家鍛接なのか鋼材メーカーから仕入れた利器材かはわからないけれどそれはたぶん品質に大した影響は無い。どちらであろうとしっかり鍛造されている。
それをかなり薄い角度で刃付けしているので、切れ味はすごく良さそうだが、欠けが目立つものが多い。

004_20160801072957929.jpg


それでもこれを持ってきたお客さんはスンゴい切れ味に仕立ててほしいというような要望だったので、かなりのウスウスキレキレな状態に研いだ。普通の包丁以上に慎重に扱ってほしいと思う次第。

せっかく頂いた天然砥石があるので、最近はハガネ系の包丁には使ってみるようにしている。
人造砥石の削り具合が歯でガリガリ齧っる感じだとしたら、天然砥石は舌でベロベロ舐め取るような感じ。人造砥石がデジタルで天然砥石はアナログ。人造砥石の方が効率よくサクサク研げるものがあって品質も安定しているけど研ぎ目がくっきり残りやすい、天然砥石は微妙な風合いに仕上げられるものが多い。

005_20160801073000e66.jpg

006_20160801073000da7.jpg


直角に入った研磨痕は機械研ぎの痕。
円砥だと思うけど。値段相応にもうちょっときれいに仕上げてあげたらもっとお客さん喜ぶんじゃないだろうか。

016_201608010740576c7.jpg



そういえば最近、木屋に研ぎに出したといってお客さんが持ってきた菜切包丁にも機械研ぎでえらく品の悪い研ぎ痕がつけられていたのがあった。ホローグラインドみたいに刃肉が削がれていて、やはりウスウスなのでこれ↑より派手に刃が欠けていた。
しかも木屋の菜切包丁の中ではたぶん最上グレードの団十郎で。
「良い包丁はあんまり安い研ぎ屋さんに出さない方がいいですよ」
と言ったら、
「東武百貨店の木屋に持ってって1か月もして帰ってきたらこうなってた」
と。
自分とこの包丁に愛着は無いのか?と不思議に思う。
ゴリゴリ削ってドンドン新しいのを買ってもらう営業方針になったのかな?



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク