ナマゾリ

あきらパパさんからご連絡を頂いて、東村山の相羽建設さんで行われている手仕事フェスタに行ってきた。

その戦利品。
ナマゾリ。

001_20160802075951369.jpg

005_20160802075959cc4.jpg

002_2016080207595584d.jpg

008_20160802080013083.jpg


槍鉋(やりがんな)という、現在の台鉋(だいがんな)が生まれる前から使われていたカンナを小さくしたもの。

槍鉋も台鉋も、木の表面を整える道具である。

槍鉋で木を削るところ


村松貞次郎さんの「大工道具の歴史」によると、台鉋が使われるようになったのはノコギリが出現してから後のことだそうだ。
ノコギリが生まれる前は、巨木にタガネを打って割り裂いて板を作っていたそうなのだが、そういう方法で作った板の表面はものすごくデコボコしすぎていて、台鉋なんかでは平らにできなかった。できなくはないかもしれないけど、エラい時間がかかる。そういうものの出っ張っているところだけピンポイントで削って大まかに平らにするという作業には、槍鉋が適しているようなのだ。
ノコギリで木を挽いて板を作るようになると、板がとれた段階ですでにかなりの平面精度が出ているので、槍鉋は使われなくなっていったようだ。

今でも槍鉋を製材に使っている大工さんもいらっしゃるようだが、台鉋だとどんな木でもみんな平らにしてしまうけれど槍鉋なら木目に逆らわず削ることができるから、木が長持ちする、ということもあるらしい。


その槍鉋の縮小版であるナマゾリは、お坊さんが卒塔婆(木の板)なんかに字を書きそこなったとき、削って消すのに使ったりしているそうだ。
私は、柄を作るとき凹んだ部分を削り出すのに使うために買ってみたのだが。

鑿鍛冶の富田さんという方のお作品。
006_20160802080012201.jpg

けっこう磨いたんだけど機械加工の痕がまだまだ目立つ。
004_201608020759589e2.jpg

切っ先の凹みを取るのがチョー大変そう。
こっち側だけ削ると左右の均整が崩れてしまう。
003_201608020759549ae.jpg

写真に撮ってみて気づいたのだが、地鉄が板目のような積層模様だった。
007_2016080209225628b.jpg

この地鉄の層の流れから推測するに、刃境線の蛇行した紋様は、硬い鋼側をこういう形に成形しておいた上に柔らかい自鉄を叩き合わせて鍛接することで作出したのではないだろうか。


中砥まで戻してもっとキレイに仕上げてみる予定。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

こんにちわ!
表の斜面の部分を研ぐしかないでしょうね。
裏を研ぎこんでいったらハガネが無くなりますし。
するとやっぱり、普通の砥石じゃ研ぎにくいから、砥石の小割れみたいなの使うしかないとおもいます。
がんばってください!


> 私も,当日買いました~!研ぎは平面だと難しいですね!
> どのように研ぐのが良いのか・・・迷ってます

No title

私も,当日買いました~!研ぎは平面だと難しいですね!
どのように研ぐのが良いのか・・・迷ってます
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク