リョウバとモロハ

以前書いた、片刃と両刃について説明した記事で、両刃には2つの意味があるといったことを書いているのだが、それは両刃じゃなくて諸刃ですよ、といったコメントをもらった。

何年か前に原則所持禁止になったダガーナイフのような、峰側にも刃がついている(というか、峰が無いというのか)形のものを「モロハ」という。モロハの剣という言葉も、このタイプの形状のことを意味している。
「リョウバ」は、裏面からも表面からも刃道に向かって斜面になっている形状で、これの対立概念である片刃は、片面が平らで反対の面だけに斜面がついているという形状である。

なにかでそういうふうにはっきりと語義定義されて、区別されていれば、私も嬉しい。

しかし辞書で調べると、モロハに当てはめる漢字に「諸刃」と「両刃」があるのだ。
古文献にはあまり詳しくないが、たまに見る江戸時代より昔の刀関係の文献では、みな、「両刃」と表記して「もろは」と読ませているようだ。
リョウバで調べると「諸刃」という漢字を当てることはないようである。「諸刃」と書かれていれば読みについてはモロハで間違いはないだろう。

語義に関しては、リョウバもモロハも、剣の両刃の意味と包丁の両刃の意味が併記されている。

だから、自分のルールとして使い分けるのは良いことだと思うけれども、必ずしも他人が同じような使い分けをしているとは考えない方がいい。また、どれが正しいというわけでもない。

このブログについて、間違っていることや違う意見があったら、どんどんご指摘いただきたいのであるが、かんたんにできる範囲の確認ぐらいはしてもらいたいとも思う。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
わたしも試行錯誤の毎日で、間違えているん内容もあるかもしれませんが、なるべく多くの人にわかってもらえるように書きたいと思っていますので、ご不明なことや、違うんじゃないかと思うようなことががありましたら、遠慮なくご質問ご指摘ください。
これからもよろしくお願いします。

包丁の研ぎ方について調べていたところ、このブログに行き着きました。
専門的で理解が及ばないところもありますが、どの記事も大変に興味深いです。
これから愛読させて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク