正本総本店 本霞薄刃 七寸 (2)

修復しました。
とりあえずこれで完了扱いとします。


010.jpg


013.jpg


DSC05025.jpg



錆が貫通しているという最悪の状態ではありませんでした。

とはいえ、アゴの部分と裏の刃線の真ん中あたりの錆がけっこう奥まで浸透してたから、赤錆を落としただけの状態では刃をつけてもデコボコになってしまいます。
そこで錆が浸透している深さまで荒砥の小割れでゴリゴリ削って、鎌砥(中砥)、仕上げ砥、スチールウールに研磨剤までかけてしこしこ磨いた結果が写真です。

裏の錆跡はよく見れば数点残ってる程度までしつこく落としました。刃線の錆はもちろん完全に落としたからこれから実用上の問題が生じることはありません。
磨いたあとで裏押ししたから、そのときのカスレがあります。

切刃(表面の、真ん中の線[しのぎ]から刃に続く平面部分)の錆跡は、使って研いでるうちに目立たなくなるもんだから削ってません。肉が痩せちゃうから。

下砥ぎの跡は残ってるけど表はだいたい鏡面に仕上がっています。お客さんの前で使ってもまあ恥かしくないでしょう。ちゃんと水はじきます。
新品並みとまでは言いませんが、じゅうぶんキレイなレベルにはなりました。

手間はかかったけどいい物を仕上げるのは楽しいです。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク