アリエナイねじのハサミの続き

前の記事の続き。

前に研いだ研ぎ屋は、ネジを無くしたのではないかもしれないが、なんだか、変わった研ぎ痕だった。

これはハサミの裏。
001_20161118113525c14.jpg

拡大。
裏押ししてある。
002_201611181135274ee.jpg

先の方も。
003_20161118113528713.jpg

004_20161118113530f0e.jpg

刃体がこすれてできた痕ではなく、間違いなく砥石を当てた痕だ。けっこう荒い。

ハサミの裏押しは、必要なのかどうか、よくわからない。
理美容鋏では、裏押しする習慣のようなので、私もやっている。刃の角度が、ハサミの中ではかなり浅いので、裏押ししがないと不安でもあるからだ。
しかし、裁ち鋏で裏押しをしているものは、見たことが無い。新品でも中古でも。

ちなみに余談だが、剪定鋏は裏から両刃の刃物のように角度をつける、「裏刃」というものをつける。これをやると刃と刃に隙間ができるので、薄くて柔らかいものが切れなくなるが、頑丈になる。枝切りに特化した剪定鋏ならではだ。
刈込鋏や芽切り鋏でも裏刃をつけると説明しているメーカーがあるが、加減を間違えると、葉っぱでも全く切れなくなってしまうので注意が必要だ。と、いうことを、一般ユーザーも対象としたホームページに書くのなら、説明しておかないと危険だと思うのだが、そのへんのことメーカーはどう考えているんだろう。裏刃をつけすぎたハサミは修理不可能になる場合がある。

で、この裏押ししている裁ち鋏を研いだ研ぎ屋は、もしかすると理美容鋏研ぎの業者だろうか?
とも考えたのだが、理美容鋏の専門業者があんなにネジのパーツを無くすなんてことはあり得ない。
それから、裏押しがこんなに粗いとも思えない。

そして小刃はこんな感じ。

005_20161118113531a96.jpg

006_201611181135409b7.jpg

研ぎ傷がかなり粗いが、裁ち鋏は新品でもわりとこんな感じだ。
それよりも、段々になってるのがわかると思うが、元の刃の角度よりかなり大きな角度で研いでいるのがわかると思う。
まあ、角度が大きかろうが、切れれば良いんだけど。

理美容鋏の専門業者だったら、こんな角度で絶対に研がない。
研ぎ傷もこんなに粗くない。最近は鏡面で蛤刃のものが多いから、こんな研ぎ方で理美容鋏の研ぎは絶対にできない。

研ぎ直した状態。

007_201611181135428b3.jpg

ちなみに、この写真でも小刃に線が入ってるのが見えると思うけど、

008_2016111811354375a.jpg

これは、段になってるんじゃなくて、軟鉄と刃鉄を貼り合わせている境目の、刃境線。
合わせ鋼のハサミはこういう線が小刃に出る。
関連記事

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク