この前のお客さんが。

こないだの、「すんごいホローグラインドでウスウスの刃にされた菜切」を持ってきたお客さん。

交代で使っていたという、もう一本を持ってきた。

こんなかんじ。

005_20161226100634bfe.jpg

006_20161226100635256.jpg


ホローグラインドというのは、ナイフでよくみられる刃の形。
二段刃とホローグラインド

上が、ホローグラインド。下がふつうの二段刃。
斜面の側面がくぼんでいる。
これによって、側面が被切断物と接触するときの抵抗が小さくなり、”抜け”がよくなると期待できる。

ただ、こういう加工をしたほうがいいのは、タクティカルナイフみたいな分厚い刃物だけだとおもう。
カミソリも、両側面がくぼんだホローグラインドになっている。しかし、ヒゲを剃るのに「被切断物と接触するときの抵抗」は関係ない。研ぎやすいための工夫としてホローグラインドになっているのだと考えられる。
片刃の和包丁も、裏面をわざとくぼませているが、やはり、主には研ぎやすいための工夫だろうと考えられる。

包丁はもともと薄いので、あまり意味は無いのではなかろうか、と思うが、リブ加工のように張り付き低減の効果はあるかもしれない。
そもそも、手打ちの菜切包丁なんて、ハンマーで叩いた痕跡がそのまま残っていて、砥石に当てて正確に確認してみると、デコボコしているものがほとんどである。
だから、多少側面がくぼんでいてもべつにかまわないとおもう。

この包丁が問題なのは、

ウスウス

こんなことになっちゃっているという点だ。
刃がもう少し柔らかい鋼材だったら、研ぎ終わった時点でグニャグニャ曲がっちゃうかもしれない。
この包丁に使われているのは粉末冶金鋼で、けっこう硬いとおもうので、グニャグニャはしないんだろうけど、使うと、簡単に、写真のごとく欠けてしまう。

あと、もうすこし気に入らない点をいうと、先を減らしすぎ。刃元も不必要に下がっていて、おなかがポコっと出ている。
東型の菜切はもともとそんな形だが、コズミック團十郎はもともと西型で、アゴはシャンと出ている。大した問題ではないかもしれないが、売ってるお店が形を変えてしまうのは如何なものかと思うのだ。
でもやっぱり、いちばん気に入らないのはホローグラインドだなあ。100均の包丁みたい。

なお、お客さんにお聞きしたところ、いつも必ずこういうふうになるわけではないらしい。
店頭に研ぎ職人が来て研いでいるときは、2~3日で研ぎ直しが完了し、もっと普通な状態で渡してもらえるという。
そうでないときには1か月ぐらいもかかるうえに、こんな仕上がりになってしまうそうだ。


個人的には、
蛤刃3

こんな感じがいいんじゃないかなあと思っている。家庭用の両刃包丁は。
デフォルメで極端になっているが、側面はゆるやかな曲面である程度上の方まで肉を削いであげる。
刃先までキンキンにすると刃がメゲるので、刃先ギリギリのところは、画像ほどじゃないけどちょっと角度をつけて、いわゆる糸刃をつけてあげる。糸刃の幅は、硬い鋼材で繊細な作業をする包丁なら、無しかごく小さいものでよく、全鋼の洋包丁のような柔らかめの包丁は、中仕上の2000番ぐらいからはじめて、すこし大き目にする。
というような、イメージ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク