薄刃包丁本刃付け

未使用の薄刃包丁、本刃付け。
薄刃包丁は、単にベタっと研げばいいだけのように見えるかもしれないが、ある意味ではいちばん研ぐのが難しい包丁。

源泉正 七寸 西型

001_20170131141651d5d.jpg

002_2017013114165238b.jpg

003_201701311416549a1.jpg


軽く砥石に当てて、状態を見る。

005_20170131141657e87.jpg

平らな砥石にベタっと当ててみたところ、先の方は砥石に当たらない。
わずかに下がっているらしい。
004_20170131141655ebf.jpg

刃元ぎりぎりの部分も当たらない。
006_20170131142010771.jpg

全体に小刃がつけてあり、刃先まで砥石が当たっている部分でも、カエリが出る気配は無い。
ベタ研ぎでカエリが出るまで追い込んで行くことにする。


刃線全体が、だいたい砥石に当たる状態まで研いだ。
先端は、シノギ付近がベタに当たらない。
峰側で厚みを見ると、先の方が少し薄くなっている。それなのに、平も切刃も平行且つ同じ幅ということは、まっ平らではないということ。その、微調整した部分が、研ぐと見えてくる。
007_20170131142012146.jpg

008_2017013114201377c.jpg

009_2017013114201544e.jpg

010_20170131142016e30.jpg


カエリが出るまで、更に全体を研ぎ込んでいく。

011_20170131142857f38.jpg

012_20170131142859122.jpg

013_2017013114290099e.jpg


ここで、クリティカルな問題が発生。

先の方、拡大。
015_20170131142902fb9.jpg

更に拡大。
016_20170131142903304.jpg

裏。
017_201701311436285cd.jpg

裏の拡大。
018_20170131143630152.jpg

「薄さの限界」を超えてしまっていた。
薄すぎて、ちょっと張りのあるアルミホイルみたいな状態になってしまっている。
とうぜん、こんな状態では、包丁として使い物にならない。

先端部はベタ研ぎを中止して、刃角度を少し大きくしつつ、ペラペラ部分を削ってゆく。
019_20170131143631614.jpg

020_201701311436332f8.jpg


完成形。
けっこう、切っ先が丸まってしまった。

021_20170131143634a7a.jpg

022_20170131144729a77.jpg

023_20170131144731b7c.jpg

024_201701311447320ad.jpg

026.jpg

先端だけではなく、刃線全体に、わずかに糸刃を付けた。
切っ先付近は、これだけ押した状態でも、かなり薄く、雑に扱うと欠けやすいと思われる。

今後の研ぎ方の注意。

切刃全体を漫然と押して研ぐと柔らかい地金の方が多めに削れていって、
http://hamonotogiya.blog75.fc2.com/blog-entry-352.html
この蛸引きのように、切刃が広がってしまい、今よりさらに刃角度が浅くなってしまう危険がある。

そこで、意識の持ち方としては、刃境線より先の刃鉄部分を砥石に当てて研ぐ、と考える。
また、包丁の裏に指を当てて研ぐ場合でも、刃線際に近い部分を押すようにする。
ただし、指が砥石に当たってしまうと、皮が削れて出血してしまう。この傷はなかなか治らない。だから、砥石には絶対に指が当たらないよう、注意すること。

先端付近のウスウスな部分は、すこし包丁を起こして、大き目の角度で研ぐ。

以上のような塩梅で、頑張ってみてください。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク