包丁の洗い方

こんにちわっ!

まず基本的なことですが。

包丁は、ノコギリのように横にスライドさせて切る刃物です。カンナやカミソリのようにまっすぐ引く刃物ではありません。
刃先を何かに押し付けただけで簡単に切れることはありません。
刃先を触ってもいいですけど、ぜったい横に滑らせないようにしてください。


下に置いて洗う場合(しつこい汚れや軽い錆びを力を入れて擦り落とす場合)

(1)まな板などの上に、濡れた布巾などを敷き、その上に包丁をおきます。
001_20101117111617.jpg

(2)洗剤をつけます。
002_20101117111617.jpg


(3)洗います。刃線は布巾に押し付けるようにして、スポンジに当たらないようにしましょう。
004_20101117111616.jpg


(4)柄も洗います。
005_20101117111615.jpg


(5)峰側を洗うときは、切っ先を布巾に押し付けて先まで洗います。
006_20101117111615.jpg


手に持って洗う場合(軽い汚れを落とす場合)

・峰側を洗うときは、刃線にスポンジが当たらないように注意します。
峰方向


・刃先は図の方向にスポンジを動かして洗います。
刃先方向


(6)最後に、洗剤を洗い流したら、乾布で拭いて水気を切って保管します。



(2)で使う洗剤は、こびりついた汚れや軽い錆びがある場合は、研磨剤の入ったクレンザー系がいいです。そういった汚れが無ければふつうの洗剤でかまいません。


最後に乾布で拭く前に、熱湯を回しかけると、乾燥が速いです。錆びやすいハガネの包丁を使う場合は必ずやるべきです。
ただし直接コンロの火などで炙ってはいけません。
ステンレス包丁もハガネの包丁も「焼き入れ」という作業によって刃を硬くしていますが、火で炙るとこの効果が無くなって柔らかくなってしまう(「焼き戻し」といいます。)場合があるからです。
熱湯は100度以上にならないので焼き戻しが入ることはありません。
関連記事

テーマ : 刃物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク