FC2ブログ

ホンダ・ピープル

原付の法定速度制限30キロというのは、私は断固として撤廃すべき法規定だと思っている。

原付が不安定な乗り物で30キロ以上の速度を出すのが危険なのだろうか。
それとも、1日の講習だけで技能試験らしい技能試験もなく、あるいは自動車の免許を取ればまったく練習も技能試験もせずにオマケでついてくる、簡単に取得できる免許制度だからだろうか。

観念論ではなく、現代の日本の道路交通事情と原付として売られている製品の性能に即して考えてみるべきだ。

前者に該当するような原付はいまや販売されていない。
50キロで日本のふつうの道路を走ると危険な原付なんか、無い。
自分で作れるじゃないか、とか、輸入車にはスンゴイのがある、という指摘は、正しい。
しかしもしそれが理由で30キロ制限されているのなら、原付としてナンバー取得可能な車両の要件を厳しくする方が正解だ。時速40キロで日本のふつうの道路を走ると不安定な乗り物に、ナンバーを発行してはいけないと思う。

後者についても同じで、もし簡単に免許を取得できるから速度を30キロに制限すべきだというなら、免許の取得要件をもっと厳しくして、50キロや60キロで道路を走っても不安の無い人にだけ免じて許可すべきなのだ。オートバイで60キロも出して走るのコワーイ!というような人は現代の日本の道路をオートバイで走ってはいけないと思う。

ヘルメットの着用が義務付けられた当初は何だよめんどくさーと思っていたが、これは全くもって正しい規制だったと思う。このとき同時に30キロ制限という規制を撤廃すべきだったのだ。

いまや原付の30キロ制限で恩恵を被っているのは、簡単に違反を取締できて実績と実益を得られる警察官だけだろう(赤切符の罰金は国庫に納付されるが青切符の反則金は所轄警察に還付される。)。
もちろん私は原付なんてバカバカしいものに乗る気はサラサラ無いので所有している50㏄の三輪バイクは青ナンバーのミニカー登録だ。


さて、原付が30キロ制限なんてことになったのがいつ頃なのか調べていないが、おそらく、かなりの割合の道路が未舗装路であった時代に、こんな文字通り「原動機付きの自転車」が走っていたころには、50キロや60キロで走るとほんとに危険だったのかもしれない。

001_2017112721355586e.jpg

古びた電動アシスト自転車ではない。

002_20171127213556404.jpg

ウィンカーもライトもついてる!

003_201711272143154ca.jpg

もちろんナンバーもついている!

004_201711272135595ef.jpg

バッテリーとモーターではなく、燃料タンクとエンジン(笑)

005_20171127213601f19.jpg

マフラーも!(笑)

006_20171127213602b75.jpg

チェーンの脱落防止だと思われる。

007_2017112721360499a.jpg

カギもちゃんとついている!
KTMフリーライドよりすごいかも!!

オーナーさんは直して乗るそうです(笑)
関連記事

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク