FC2ブログ

和包丁は裏が命

一見きれいに見えるかもしれないが

001_201801191344179f3.jpg

よく見ると

002_2018011913441923e.jpg


刃元の欠けが取り切れない。

なぜなら、


003_20180119132547638.jpg


裏もこんなふうに錆びてるから。
もしかすると貫通しているかもしれない。
錆の深さは研ぎ込んでみないとわからない。

表の錆なら、ふつうは見える範囲を研ぎ込んでいけばそのうち消える。
しかし片刃の合わせ和包丁の裏は、錆を無くそうと研ぎ減らしすぎるとハガネが無くなってしまう。

もしこれがカンナや布切り鋏だったら、刃道に欠けがあると使い物にならない。ダメ元で錆が消えるまで研ぎ込んでもいいかもしれない。
しかし包丁なので、ちょっと欠けがあって引っ掛かりを感じたとしても切れないわけではない。
妥協して使っていただきたい。


ほかにも、

004_2018011913254916d.jpg

005_201801191325508e4.jpg

こんなふうに裏に錆が巣くっている。

拡大。

006_2018011913532328c.jpg

007_20180119135324e42.jpg

008_20180119135325283.jpg

研ぎ減るにつれてこの裏錆が刃線に出てきて、ブツブツと欠けた状態になる。


合わせ包丁の裏は錆びさせてはいけない。

私は、オークションで中古の刃物を物色することがあるが、片刃の刃物で裏の錆がキツそうなもの、裏の状態がわからないものには、基本的に手を出さない。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク