FC2ブログ

武峰作

昨日は、朝の天気予報では、日中曇りで夜半から雪になるという予報だった。
仕事の軽ワゴンはノーマルタイヤでチェーンもない。青山熊野神社で仕事の予定だったが凍結すると帰れなくなってしまうので、休もうかとも思ったのだが、先週も大雪明けで休んでしまい問い合わせの電話が数件あったので行くことにした。しかし4時には作業を終えて早仕舞いすることにしていた。

ところがこんな日にかぎって予想外にご依頼が多い。
昼前には当日渡しの注文をお断りすることになってしまった。

若い男性客が黒打ちの三徳包丁を持ってきた。
一見して手間はかからなそうだったので、当日中に3本研いでほしいというご依頼をお断りした後だったが、4時渡しで良ければということでお預かりした。

曇りの予報だったのに昼前からぽつぽつと雨粒が落ちはじめ、午後1時ぐらいからはしょぼしょぼと小雨が降り続ける一日だった。

男性の黒打ち三徳がこの日の最後の仕事である。
あまりよく確認しないまま受け取ってしまったのだが、手に取ってみると、刃縁の肉は全く無く、刃先も2~3か所にわざと糸刃をつけたといってもおかしくない程度のわずかな反射が見える程度で、包丁としてはまず切れ味に問題は無い、というより、相当良く切れるはずという状態だった。

こういう包丁は困る。
何が気に入らなくて研ぎに出したのかわからないからだ。
コピー用紙でも試し切りして引っ掛かりでもあったのだろうか。
ぶら下げたティッシュペーパーを一刀両断できない、なんてクレーム言ってきたりしやしないだろうか。
ともかく預かってしまったのだし刃先を整える余地はあったので、砥石に当ててみた。
1000番で簡単に刃がついた。
刃先はかなりウスウスだが全くヨレる感じがないので、焼きが硬いようだ。
よく見ると裏に「青一」と書いてあった。なるほど。
表の銘は武峰作とあった。しらない銘だった。

あらためて峰側から見てみると、先にかけて細くなっていくテーパーの加減が絶妙で素晴らしかった。

006_201802020629338cd.jpg

磨き包丁ならこういうものをいくつか知っている。しかし黒打ちでこういうのは記憶にない。
磨き包丁なら研磨で形が調整できる。しかし黒打ちということは鍛造しっぱなしということだ。強力なスプリングハンマーで打ち広げるので、これできれいなテーパー状に整形するのはブルドーザーで植木鉢に土を盛るような繊細な技術が必要ではないかと思う。

受け取りに来たお客さんに尋ねてみたところ、鍛冶屋さんが高齢でもうあまり入荷しないのだが、販売店から連絡があってたまたま入手できたものということだった。
新品の状態で料理に使ってみたものの、いま一つ切れ味に満足できなかったので、自分で研いでみた。しかし自分の砥石が湾曲していたりもするので、いちどプロに研いでもらおうと思って持ってきた、とのことだった。
自分で研いだあとは一度も使わずに持ってきた。ということだったが、たぶん自分で研いだ状態で使ってみれば満足できたに違いない。そうであってほしい。
持って来てもらったときと切れ味自体はほとんど変わらないと思いますよ。と3回ぐらい念を押してお返しした。


こういう包丁は、晴れていてもう少し暖かい暇な日に持って来てほしい。

001_201802020629250a2.jpg


002_20180202062927ce5.jpg

003_201802020629289ae.jpg

005_2018020206293107f.jpg

004_20180202062930843.jpg
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

"at your own risk" でお願いします(笑)
大したことないなと思ったらそれはそれで良い経験になると思いますから、気になるなら送ってみてください。

> いやいや、俺は研ぎが下手ですから。
> 俺も一度自分で研いだ包丁を送ってみようかしら。

No title

いやいや、俺は研ぎが下手ですから。
俺も一度自分で研いだ包丁を送ってみようかしら。

Re: No title

あまり期待しすぎない方がいいですよw


> 俺jは量産品の鈍角な小刃が付いた新品か、自分で研いだ包丁しか切れ味を知りません。
> ので、プロが研いだ包丁の切れ味を一度は知りたいものです。
> その方も同じかもしれませんね。

No title

俺jは量産品の鈍角な小刃が付いた新品か、自分で研いだ包丁しか切れ味を知りません。
ので、プロが研いだ包丁の切れ味を一度は知りたいものです。
その方も同じかもしれませんね。

Re: No title

いがさんこんにちわ。

お褒め頂きありがとうございます。
写真マジックです(笑)

この砥石は通りすがりの方に頂いた物ですw
亡くなられたご主人が使っていたけどもう使う人がいなくなってしまったということで、ビニール袋に入れて持って来てくれた油砥石や人造中砥石なかに1本だけ入ってた天然仕上砥石です。相場がわからないけど値札をつけると5万円以上はしそうです。

面直し用の砥石ですが、5000番以上の仕上砥石なら良いと思いますが、1000番ぐらいの中砥石だとすぐツルツルになっちゃってコスパが悪いから、電着ダイヤは無条件にはオススメできないですねー。


> かわらず素晴らしい丁寧な仕事、感服です。
> 下の天然砥石も良さそうですね。サイズ的にも立派に見えます。
> 切刃の仕上がり、刃境線もキレイに出てますね。
>
> お客さんにはSK-11電着ダイヤ砥石等を面直し用にオススメすると良かったかも?

Re: 邑田武峰?

スナフキンさんこんにちわ。

この方じゃないかと思います。
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/151301/h21murata-index.html

包丁売ってるサイトもありましたが、5寸5分の菜切が内税5800円だったので、多分おんなじぐらいの値段で売られているものだと思います。
http://knife-gallery.com/?pid=40672015

刃部の卸値は半額以下だと思うので1日10本以上作るペースじゃないかと思います。
小槌まで使って丁寧に打ち延ばしていけば同じように作れる人はたくさんいると思いますが、この値段このクオリティーで出せる人は少ないんじゃないかと思います。



> 突然失礼します。きっとアノヒトだ。
>
> 本「和式ナイフの世界 織本篤資 オリモト トクスケ 著」に出ていました。
> 邑田武峰(ムラタ ブホウ)、土佐の包丁鍛冶だそうです。
> やっぱり名人なんですねー。
> かなりのご年令だと思います。

No title

かわらず素晴らしい丁寧な仕事、感服です。
下の天然砥石も良さそうですね。サイズ的にも立派に見えます。
切刃の仕上がり、刃境線もキレイに出てますね。

お客さんにはSK-11電着ダイヤ砥石等を面直し用にオススメすると良かったかも?

邑田武峰?

突然失礼します。きっとアノヒトだ。

本「和式ナイフの世界 織本篤資 オリモト トクスケ 著」に出ていました。
邑田武峰(ムラタ ブホウ)、土佐の包丁鍛冶だそうです。
やっぱり名人なんですねー。
かなりのご年令だと思います。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク