FC2ブログ

薄刃包丁本刃付け!

久しぶりに動画つくりました。



下田在住のお客様。週末に用事で東京までお越しになったついでに、薄刃包丁を2本お持ちいただいた。
動画は新品の本刃付け。
時間があったのでけっこう丁寧に研いだ。良い包丁だったし。

ふだんも研ぎ抜きはするが、基本的に切刃までゴシゴシ磨かない。切れ味は変わらないが見た目の研ぎ痕がくっきり残る。
ただ、和包丁はどうせご本人が研ぎながら使わなければだめなもので、きれいにしてもいっかい研げばムラは現れてしまう。高級割烹料亭でお客様の前で包丁を振るうとかいうのでないかぎり、研ぐたびに切刃をゴシゴシこするなんてめんどくさいことはやってらんないだろうから、研ぎムラのできる包丁はムラが見えるままお渡しした方が、ご自分で研ぐにあたってはその部分が当たればいいのだとわかって、むしろ良いかもしれないとも思っている。

関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 異次元の切れ味

下田の住人さんこんにちわ!
喜んでいただけて嬉しいです!

平面を出して研ぎ卸してあるので、このあとの研ぎは簡単だと思います。
形を崩さないように注意してください。
薄刃包丁だと、どっちかというと砥石の平面をキープすることの方が重要かもしれません。

ヒラをベタ研ぎしても刃線が曲がってしまう場合、砥石が曲がっているか裏が曲がっているかのどちらかです。
経験上、裏が曲がっているものが多かったです。




> 1年くらい前からブログを拝見していて、いつかは自分の包丁を研いでいただきたいと思っていました。
> 研いでいただいた薄刃包丁で大根のツマを作ってみましたが、異次元の切れ味に「ニヤニヤ」してしまいました。
> 自分で研いであの切れ味を出すのは難しいと思いますが、少しでも近づけるように精進します。
> もう1本の薄刃包丁も自分では気が付かなかった裏押しの凹みなど今回は大変勉強になりました。ありがとうございました。

異次元の切れ味

1年くらい前からブログを拝見していて、いつかは自分の包丁を研いでいただきたいと思っていました。
研いでいただいた薄刃包丁で大根のツマを作ってみましたが、異次元の切れ味に「ニヤニヤ」してしまいました。
自分で研いであの切れ味を出すのは難しいと思いますが、少しでも近づけるように精進します。
もう1本の薄刃包丁も自分では気が付かなかった裏押しの凹みなど今回は大変勉強になりました。ありがとうございました。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク