FC2ブログ

片刃で裏スキのある刃物は、なるべく元のシェイプを崩さないように研がなければならない。

丸包丁。本惣ともいうらしい。なぜ本惣というのかはわからない。
表具師の方が伝統的に使われている刃物らしい。
レザークラフトマンの利用も多いそうだ。

004 (2)

通常は写真の右の辺がもっとまっすぐ。これは研いだあとの写真なのだが、研ぐ前はもっと斜めだった。


裏はこんな状態。
はじめは裏押しが切れていた。

004 (3)

紙や布や革をまっすぐ切るための刃物だから、直線が大事なはず。
裏押しが切れてしまうと、刃道が曲がってしまう。

裏スキがどんな形に窪んでいるかはだいたいわかると思う。これはもともとの刃物のシェイプに準じた形になのだ。
刃物の形を大きく変えてしまうと、刃線が裏スキが深い部分と浅い部分を横切ってしまう。
すると裏押しを作るためには一番深い部分まで裏を押さなければならなくなる。

004 (1)

ギリギリなんとか裏を出した状態で、これで刃線を直線にできる。
しかしちょっと研いだらすぐに裏切れするので、都度裏押しもしなければいけない。

裏を研ぎ減らすこと自体はそれほどナンギではないのだが、研ぎすぎるとハガネの層が無くなる「ハガネ切れ」になってしまうおそれがあるのだ。

004 (4)

この丸包丁もまっすぐな辺の側が強く研がれていて、ミミのあたりがハガネ切れしていた。

004_201802201132129bf.jpg

ミミが切れないのはマズいので、このあともういちど研ぎ直してなんとかハガネが出る状態にした。

これは全ての裏スキのある刃物に共通の問題である。
片刃でも裏スキが無ければこういう問題にはならない。
出刃包丁で、裏を研ぎすぎて先の方がハガネ切れしてしまっているものを何度か見たことがある。
出刃包丁や刺身包丁は牛刀や三徳包丁以上に、元のフォルムが崩れないよう注意して研がなければならない。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク