FC2ブログ

ハサミの研ぎに関するご質問

鋏の研ぎ方について質問があった。
勝手で申し訳ないが一部引用してブログ記事で回答させていただく。


****************

時々裁ちばさみを研いでもらいたい、という要望があるのですが、現在はお断りしています。ただ、安い事務用ハサミは、動刃も静止刃も刃線が直線なので、小刃の角度に気を付ければ研げるので、これは包丁砥ぎのサービスとして砥いでいます。

裁ちばさみは、動刃の刃線が直線ではなく、アールを持っているので、下手に研ぐとアールを崩してしまうのではないかという恐れがあります。

貴殿のyoutubeで見させていただいても、動刃のアールを崩さずに砥ぐにはどうしたらよいか、読み取れませんでした。

何かご教示いただければ幸いです。

****************


「動刃」「静刃」は理美容シザーで使われる用語だ。

理美容シザーは親指と薬指を輪っかに入れて使う。主に親指を動かしてハサミを開閉するので、親指を入れる方の輪っかの先にある刃を「動刃」といい、小指を入れる方の輪っかの先にある刃を「静刃」というのである。
裁ち鋏では親指を入れる輪っかと四本指を入れる輪っかがあるが、どちらも動かすからだと思うが「動刃」「静刃」といった呼び分けはされていない。文具用の鋏には左右対称の形状で左右の区別が無いものもある。


さて質問についてだが、文中の「アール」は刃体の広い面のシルエットに見える刃線のカーブを意味すると考えられる。
鋏の刃体は立体的な曲面で構成されていてそれぞれに意味があるので、どの「アール」のことかがはっきりしないと議論がテレコになってしまうのである。
仮にこれを「刃線R」と呼ぶことにする。「刃先R」と混同しそうでややこしいのだが。

刃線Rはぶっちゃけて言ってしまうと直線でもかまわない。

ベルヌーイの螺旋理論を利用したという触れ込みのフィットカーブという鋏が一時評判になったが、要はカーブしていないと「切断点」が尖先に近づくほど力が必要になる、カーブが強いと先端でも軽い力で切れる、という理屈である。
画期的な発明のように持ち上げられていたが、そんなことはベルヌーイ螺旋理論を持ち出さなくてもわかっているから、鋏の刃線Rはむかしから緩やかにカーブしていて、先端にかけてカーブが強めになっている。フィットカーブという鋏はベルヌーイ理論を強調するためにカーブが強いせいで身幅が広くずんぐりむっくりした形になってしまっているが、身も蓋もないことを言ってしまうと、そもそも文具鋏なんかでは、切るために強い力が必要なものは切ってはならない。ふつうのナイフで切るか刃元で注意深く切るべきだ。

多少のカーブがあった方がベターである、というだけなのだ。
むろん、不必要に刃線Rを直線にしてしまうことは避けるべきだ。
機械研ぎ器で切れるようになるまでがむしゃらに研ぎまくった結果まっすぐになってしまった、なんていうのは論外である。

刃線のRを崩さずに研ぐ方法は、鋏だけでなく包丁やナイフも同じであるが、立体軸でいうところのロールの軸を変化させながら研げばいい。(ロール、ピッチ、ヨーは説明がめんどくさいので各位調べてください。)
研ぐときに、右手で鋏を保持して、左手の指を添えて砥石に当てている場合、右手を上下させる動きである。
私はロール軸とピッチ軸の変化で研ぐ場所や刃体を当てる角度を変えている。研ぎながらヨー軸を動かすことはほとんど無い。砥石によってヨー軸を変えることはあるが、一つの砥石では基本的に一定である。

刃線Rを崩さないように研げるということは刃物研ぎの基本的な技術であるが、切れない鋏を切れるようにするための本質的な問題ではない。

切れない鋏を切れるようにするためには、まず、なぜその鋏が切れないのかという原因を見極められなければならない。
一定の角度で小刃を研ぐことで切れるようになる鋏は、刃線の損耗が原因で切れなくなっていた鋏である。
現実には刃線の損耗で切れなくなることがいちばん多いと思うので、小刃を研ぐことで切れ味が回復することが多いの。小刃を研ぐにしても、コピー用紙などを切る場合はごくわずかな繊維の切り残しがあっても千切れるので、文具鋏はそれほど精度は必要とされないのに対して、布は糸が一本でも切れずに残ると繋がったままになってしまうので、裁ち鋏は文具鋏と比べてずっと高い精度が求められる。私はまだメガネはかけていないが乱視なので、鋏を研ぐときにはヘッドルーペで小傷が無いか確認している。

しかし鋏が切れなくなる原因は刃線の損耗だけではない。
最低限「反りの狂い」と「裏スキ角(造語)の狂い」は見極められなければならない。
このふたつと刃線の損耗で、ほとんどの切れない鋏の切れない原因はカバーできると思うので、まずはこれらの三つについて理解できている必要がある。
しかしこのほかにも、触点が摩耗していたり要ネジが変形していたり要ネジのネジ穴が広がっていたりと、通常考えられない部分に問題があるものもある。
やはり鋏の全体的な構造を理解している必要がある。
簡単には説明できない。
関連記事

テーマ : ハサミ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク