確率の問題

私は中国製餃子で食中毒問題がおきたときにも全く気にせずモリモリ食べていました。

これは確率に対する考え方によります。

たとえば10万パックに1つの割合で胃洗浄が必要な食中毒を起こす餃子があるとする。

週に1パック食べる個人がそれを手にする確率は、1917年に1回程度にすぎない。

一生が80年だとすると、約24回人生を繰り返して1回手にするという確率だ。

それでもほかに同じような食べものがあるなら敢えて餃子を選ぶことは無いと思うけど、たとえばものすごくその餃子が好きだとか、非常に安いといった理由で、上記のような危険を了解して餃子を食べるというのは、そんなに無謀なこととは考えない。あくまで私個人の考えですけど。


しかし同じ問題でも、月に10万パックその餃子を生産する業者が同じ考えをすると、毎月1人、年に12人、80年なら960人、ほぼ間違いなく患者を出すことになる。確率は試行数が多いほど正確に実現するから。
また監督責任を負う行政機関が私個人と同じようなリスクを許容すると、同様の業者10社を管轄するなら、毎月10人、年に120人の被害者が出ることを許可する結果になる。


いま、放射能汚染について、国や安全保安院や東電や専門家の説明が視点をすり替えていると感じられることが多いのです。
今回のようなケースでは、避難地区を拡大すると膨大な避難民が発生して受け入れ先のキャパシティーなども問題になるのだろうけど、だからといって、個人からの視点にすり替えた説明でリスクが小さいという印象を与えようとすることは、潜在リスクに対する解決になっておらず、欺瞞であり、職責を果たしていません。

「これぐらいは安全」ということより「どれぐらいから危険」という目安を示さなければならないのです。生じ得るリスクに対する心構えや物理的な対策ができてはじめて、人は安心できます。

たとえば現時点で既に持続的に10μSv/h被曝している地域の住民に対しては、このまま続けば3ヶ月で22mミリシーベルトになり、7ヶ月近くで50mSvを超えるのだということを示して、それまでのなるべく早い段階で遠隔地に避難するよう勧告するべきでしょう。
現時点では3ヵ月後に線量が減少している可能性が非常に高いとは言えません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本の放射線被曝限度は法によって1ミリシーベルト/年だったと思います。
今回の事故で、原子力の先生方が口を揃えて異なる数値を出していることに驚いています。
何時から100ミリになったんだろう?
何時から自衛官や消防隊員は使い捨てになったんだろう?
放射線の管理地域が設定されないのは何故なんだろう?
こんな素朴な疑問が報道されないのは何故なんだろう?
何でTVは安全と思えない内容に口を揃えるのだろう?

「落ち着いて行動」=急ぐことはないから出来るだけ遠くに避難しなさい
「直ちに健康に影響はない」=数年後には被爆していない人に比して数倍の健康被害が予測される

と言うことなのではないのでしょうか。
プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク