研いでも曲がる包丁

和包丁の柳刃や薄刃は、直線が大事です。

とはいっても、カンナやノミのような大工道具ほど精度は求められませんが。

だけど真ん中が凹んでいる状態だけは頂けません。


まっすぐにならない薄刃。
000.jpg

磨いてないので表もくすんだままですが。
新人さんが研ぐ練習に使っていたという物です。シノギをなんとかまっすぐにしようとしたんですが、頓挫中。


刃線はアゴから見ます。

すると、

001_20110525131928.jpg

真ん中が凹んでいます。

立体物なので、どのように真ん中が凹んでいるのか観察する必要があります。

直線のものを切刃に映してアゴの方から歪んでいないか観察します。

003_20110525131926.jpg

004_20110525131926.jpg

すると、表はだいたい平らなのですね。


同じように裏も観察してみます。

005_20110525131925.jpg

006_20110525132008.jpg

007_20110525132008.jpg

すると歪んでいることがわかります。

真ん中あたりがボコボコしていますね。

ちなみに裏は、裏押ししすぎ。
裏スキが無くなりかけています。
真ん中あたりが押されすぎて、裏押しが無くなっています。
ここが裏の凹んでいた部分。
そして刃線の凹んでいた部分。

008_20110525132008.jpg

この包丁を修正するためには、裏押しが平面上に揃わなければいけません。
そのためには、いちばん凹んでいるところまで全体を押して減らさなければいけません。
すると、ただでさえ消滅しかかっている裏スキがさらに平らになってしまいます。
裏スキが平らになってしまうと、裏面を削って再生しなければいけません。

包丁の焼き入れしたハガネを手作業で削るのは、泣くほど大変です。
巨大な円砥があれば削れるかもしれませんが、残念ながら私は持っていません。
しかもこの包丁はかなり薄く、ハガネの厚みが1mmぐらいしかないから、機械を使って下手に削ると地鉄に貫通してしまうかもしれません。

そこでこの包丁は、裏の工作はしません。
このまま使います。研ぎ減ってくればそのうちまっすぐになるかも。なるのかな??
いまのまま無理やり刃線をまっすぐにしても、裏が凹んでるあたりは薄くて弱いから先に減ってしまって、けっきょく刃線もすぐに凹んでしまいます。

和包丁の裏はくれぐれも注意して研いでください。
荒砥はご法度。新品などで裏押しが出ていない物だけは中砥を使っていいです。普段はカエリを取る場合でも、仕上砥以外使わないようにしましょう。


もう一本。
何に使うのかわからない刃渡り8寸ほどの大きな包丁。
素振り用のマスコット包丁です。
昔の野鍛治が打ったものでしょうか。

009_20110525132007.jpg

010_20110525132007.jpg

これぐらいまっすぐなら問題ありません。先が沈んでいますが少しラウンドしてる方が使いやすい。凹んでいなければ大丈夫です。

もっと曲がってるときに写真撮ればよかったのですが。
写真を撮るために凹ませるわけにもいかず。

この包丁は何なのかというと、先の方が硬いのです。
硬さが不均一だから、同じ力加減で研いでると、先の方だけ減らないのです。結果、真ん中が凹んだ状態になってしまうのです。
全体を一気砥ぎしつつも、コマメに刃線を観察して、歪まないように注意しなければいけないのです。

割り込みではない、本焼き・・でもないだろうから、丸焼き?とでも言えばいいのでしょうか。全体に焼き入れしている包丁です。
スーパーで売ってる量産のステンレス包丁と同じようなもの。


量産のステンレス包丁は100均の物も含めてバカにできません。
素材が均質。焼き入れも均等。
今はそれが当たり前なんだけど、昔・・昭和の初めぐらいまででしょうか、当たり前じゃなかったのです。
それが出来る鍛治屋さんが優秀な鍛治屋さんだったのです。

まず素材は、砂鉄から造った玉鋼。

玉鋼というと凄いシロモノのように言われています。しかし、実は粒子の大きさや分布がバラバラで扱いにくい鋼材なのだそうです。
現代の高炉による製鉄法だと、リンや硫黄といった鋼材に悪影響のある不純物がどうしても混入するそうですが、たたら製法で造られた玉鋼にはそれが無く、純度の高い鉄を得ることができるという利点はあるそうです。
だけど不均質で実用的には難点の方が多い素材でした。それも一時は製造が途切れてしまった理由でしょう。
そして、玉鋼の中でも良質な部分は刀に使われます。家庭用刃物に回されるのは二軍三軍の鋼材です。
そういう鋼材だから、鍛治屋さんが、叩いて伸ばして折り畳んではまた叩いて伸ばして、という鍛錬を繰り返して、粒子の大きさや炭化物の分布を均質にしたり不純物を取り除く作業をしなければ、使い物にならなかったのです。

さらに、鍛錬が不均一だったり、焼き入れ焼き戻しの温度が間違ってたり不均一だったりすると、甘い刃物になったり硬さが不均一な刃物になったりします。
写真のような大きな刃物は、おそらく焼入れが不均一になりやすいのでしょう。

先の方は鎚で打った跡が多くて黒っぽいです。
何が原因かはわかりませんが、とにかく硬さが不均一。普通に研ぐと凹んでしまいます。

これと比べると、いま量販店やスーパーマーケットで売っているご家庭用のステンレス包丁の優秀さがよくわかります。100均の包丁でさえ非常に優秀。
現代まで受けつがれて残っている優れた和包丁は、全国に山ほどあった土地土地の刃物の中の、上澄みの部分のごく一部なんだろうと思います。
関連記事

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク