すぐ切れなくなる?

「他の研ぎ屋さんに研いでもらったら、はじめは切れるんだけど、すぐ切れなくなった。」

と、お客さんから言われることが、何度か続いた。
これが、以前から不思議だった。

私は、じつは「刃持ち」ということはあまり意識せず、切れ味優先で研いでいる。
刃角度は、少なくともほとんどの新品の包丁よりはかなり浅い。
糸刃はつけるが、仕上砥石で研ぐときに気持ち刃角度を大きめにするぐらいなので、目視ではわからない程度のごくごく小さなものだ。
だから、うちで研いだのは切れ味はいいが刃持ちが悪い、ということなら、さもありなんと合点できる。

よその研ぎ屋さんで研いでもらったというものを見るに、もっと浅い角度で研いでいるとも考えられない。むしろ、けっこう刃角度が大きいものばかりだ。

であるなら、よそで研いだものははじめから切れ味が悪い、というなら、まだ理解ができるのである。

しかし、

「はじめは切れるがすぐ切れなくなる」

というのである。

理由を考えてみたのだが、けっきょく、刃肉を落とさず刃先だけチョンチョンと尖らせているから、刃先が少しなまると元のように切れ味が悪くなる。
いっぽう、刃肉をちゃんと落として薄くしてやれば、多少刃先がなまっても、ある程度の切れ味は続く、ということなのではないだろうか。
当たっているかどうかは調べようがないが、刃角度が大きいと切れ味は悪いかわりに刃持ちがいい、刃角度が浅いと切れ味は良いが刃持ちは悪い、と、定型的に考えているだけではいけないようだ。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

摺り上げ!

八寸かな?九寸かな?
お客さんが、中子が根元からポッキリ折れた牛刀を持って来た。

「これは溶接しないとダメですねー。お金かかりますよ。」

といったら、

「もともと長くて使いにくかったのよ。ここを、こう、切って、短くして、中の鉄を作ることはできないのかしら?」

と、お客さんから提案してきた。
私は貧乏性なので、刃をぶった切って摺り上げる修理は、もったいない気がして、こちらからお勧めすることはあまりない。
しかし、元がこれだけ長ければ、ちょうどいい塩梅になりそうだ。

六寸ぐらいで線をひいて、

「こんな感じで、いいですか?これで、和包丁の柄をつける、でよければ、グっとお安くなります。」

「そうね、それでお願いします。」


001_20161104122319826.jpg


ちょうどいい感じになった。

004_2016110412232360a.jpg

003_20161104122322a23.jpg

002_201611041223202b1.jpg


しっかり柄埋めもしておいたので、もう折れたりはしないと思う。
末永くかわいがってあげてほしい。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

変わった包丁

料理の写真を撮影したりするのに、会社で使っている、という包丁が、数本持ち込まれた。

お客さんにテーブルの上に並べてもらって、牛刀が2本、三徳が2本、菜切が1本、出刃1本、と数えていって、

012_201610281759148a9.jpg



お客さんが立ち去ったあとで、この菜切包丁をヒョイともちあげてみたら、



















013_20161028175917032.jpg

薄刃だった(笑)

洋包丁の柄の薄刃包丁は、初めて見た。
もちろんステンレス。
http://www.sakai-tohji.co.jp/products/detail.php?product_id=65

刃先だけ段刃に研がれていた。

014_201610281759170ac.jpg

藤次郎や関の孫六で、洋柄・ステンレスで片刃の柳刃や出刃がある。薄刃は見たことがないが。

そういうのは、だいたい裏スキがすごく浅いのだが、さすが堺刀司、裏スキが深い。研ぎやすくて好感。


016_201610281759206b8.jpg



”刃先だけ段刃研ぎ”は、出張の研ぎ屋さんがやっていったそうだ。

薄刃に段刃はいかがなものかとも思うのだが、この包丁は合わせではなく全鋼丸焼きなので、ベタ研ぎで刃角度が浅すぎると刃持ちが悪そうだ。
実は私も、自分の家で使っている薄刃はベタではなく蛤気味に研いでいる。

015_201610281759190d3.jpg

この包丁も、桂剥きなんかしない、ということだったので、蛤気味に仕上げた。

使い勝手はどうなんだろう。

菜切包丁ご臨終

おばあちゃんがずううっと使っている、という、菜切包丁。

002_20161025110606fd7.jpg

刃元だけがナゾに汚れておらず、黒い汚れが裏スキのように見える。
薄刃包丁か??

001_20161025110604f40.jpg

柄は水牛桂で立派なもの。

004_20161025110601ede.jpg

しかし峰側から確認すると菜切包丁であることはあきらか。

一見ボロボロだが、この包丁、ヤヴァい錆びは少ない。
とくに柄の差し込んでいるあたりがひどく腐食するのが、ハガネ和包丁の常なのであるが、そこはきれいなのだ。
そのうえで、ここまで使い込んでいるということは、和包丁の扱いに習熟した手練れのおばあちゃんが、本当に大事に使いながらここまできた物だろうか。

刃元はこんなかんじ。

007_20161025111455814.jpg

決してきれいではない。
しかし、こんな包丁捨てればいいのに。と思った方は、浅はかである。
ケチだから買い替えないのではなく、これがいいから使い続けているはずなのだ。一緒に出された包丁は立派なものだったし。
ただ、私にも、どこをどう気に入っていたのかはぜんぜんわからない。
しかし持ち主にとって、この包丁がいい、という価値は、他の何者の批判にも嘲笑にも微塵も揺るがないものなのである。

使われずに放置されていてきれいな包丁より、こういう包丁のほうが、やりがいがある。
研ぎ減らし過ぎず、キレキレにしすぎもせず、果たしてどれぐらいいい感じに戻せるか。
おばあちゃんは、喜んでくれるかな。

かなり研ぎ減っているが、刃肉は落とされていないようだった。
手打ち両刃の菜切包丁や三徳包丁は、とくに、中子周辺に厚みがあるので、刃元の刃肉から薄く削いでいった。

すると、研いでいるうちに、包丁が曲がっていることに気付いた。

両刃の菜切包丁で、見た目でわかるほど曲がっているものはあまりない。
両刃の包丁は、多少であれば曲がっていても、研ぎ加減で刃線だけまっすぐにできる場合があるのだが、そういう域を超えて、けっこう曲がっていたのである。

台に置いて、曲がっているあたりに掌底を押し当てて、ぐっと力を入れてみる。

すると、なんと、曲がったのだ。

曲がりっぱなしになったのである。

曲がりを修正しようとしたら、反対側に曲がって、そのまま曲がりっぱなしになったのである。

刃物用の鋼材というのは、100均で売られているような包丁でも、ある程度の硬さはある。
そして鉄ベースならハガネでもステンレスでも、粘り、バネ性がある。
だから、ふつう、そうとう柔らかくて曲がりやすいものでも、10だけ押したら8戻る、というように反発するはずなのだ。
ところがぐにゃっと曲がったままになってしまったのである。「あっ!」と声がもれてしまった。
イケナイものに触れてしまったような感覚。
おそるおそる、もういちど反対側に曲げてみると、やはりぐにゃっと曲がったままになる。

こんなの、はじめて。

火で炙ったりでもしたのだろうか?
刃が赤くなるほど加熱すると、刃物は柔らかくなってしまう。
「焼きが戻る」という現象だ。
ずいぶん汚れていたから、もしかすると、そういう手荒な使い方をされたのだろうか。

ともあれ、いちおう仕上げる必要はあるので、力加減に注意しながら研ぎすすめていった。

すると、原因がわかった!
これだーー!!!!

008_20161025111457ac6.jpg

010_2016102511145259d.jpg

009_2016102511145862b.jpg


011_201610251147004f7.jpg


わかるかな?
ハガネが、なくなっていたのだ!!(笑)

たぶん、鍛冶屋さんが昔からの技術で作った、いわゆる本割り込みの菜切包丁だとおもう。
軟鉄の塊に、タガネで半分ほど溝をつくり、そこに硬くなるハガネを割り込んで、ハンマーで叩いてくっつけたのが、昔からの「割り込み包丁」なのである。

いま売られているほとんどの割り込み包丁は、「利器材」というものを使って作られている。
鋼材メーカーが、あらかじめ、でっかいローラーで材料鋼を、「軟鉄|刃鉄|軟鉄」というふうに、三層に貼り合わせた状態で、包丁の製造メーカーに収めているのだ。
この利器材なら、刃先から峰まで、金属部分全体に刃鉄が入っているから、身幅が1センチになっても使える。

利器材を、そのまま打ち抜いて製品化したのが、非鍛造の割り込み包丁。
しかし鋼材メーカーの段階では薄くするのに限界があるようで、打ち抜いただけで非鍛造の割り込み包丁は、厚みのあるものが多い。関の孫六(貝印)や、藤次郎の包丁に、多い。

利器材を、叩いて薄くのばした鍛造の割り込み包丁も多い。
鍛造か非鍛造かは、刃境線で見分けられる。まっすぐなのが非鍛造。鍛造はハンマーでガンガン叩くので刃境線が波打っている。
わざわざ鍛造しなくても製品化できるものを、鍛造すると、当然値段は高くなる。
鍛造することの一番のメリットは、薄いことだと思うが、粘り強くなるということもある。同じ鋼材で同じ硬さでも、粘り強さに違いがあり、粘り強い方が割れにくいのだ。

鍛造か非鍛造かということでは、包丁の性質にけっこう違いはあるようだと感じている。
しかし、鍛冶屋さんが手作業で割り込んで「鍛接(たんせつ)」した材料と、鋼材メーカーがローラーで「圧接」した材料に、機能的な違いがあるかは、わからない。
理論的には、特に違いが生じる要因は思い当たらず、鍛接したものと圧接したものを比較する機会もほとんどないから、わからない。
利器材自体に難点は無いと思う。ただ、わりと簡単に作れてしまうと思う。なにしろ私も利器材で自分で体験製造した包丁を愛用しているぐらいだ。

鍛接の本割り込み製品は、「そういうことができる修行をした鍛冶屋さんが作ったモノ」という信頼がもてると思う。

現在、このような手打ち割り込みの包丁は、とても少なくなっている。
それが、ここまで研ぎ減らされて使い続けられたものというのは、手にする機会がほとんど無い。5年ぐらい前に1本だけ手にしたことがある。
だから、はじめは、なぜ曲がったのか全く理解できなかったのだ。

ともかく、さすがにこの包丁は、ご臨終である。
よくここまで使い切ってあげてくれました。
老衰です。寿命です。天寿です。大往生です。
そう、おばあちゃんにお伝えください、と、包丁を預けにきてくれたお母さんに、言伝した。

こういう、寿命がくるまで包丁を使い倒すような生活のことを、LOHASというのだろうなとおもう。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

割り込み包丁の偏り研ぎ

たぶん炭素鋼をステンレスで挟んだ割り込み包丁。

002_20161025085753085.jpg

裏の、切っ先付近で、側面の軟鉄が刃線に出てしまっている。

004_20161025085755be5.jpg

表はハガネががっつり。

005_20161025085757ba1.jpg

機械研ぎで、ヘタな人が裏だけ斜面に研いで、表はほとんど削っていない、というかんじ。

007_20161025090255ae7.jpg

009_20161025090256332.jpg


研ぎ屋さんに出したらこうなったそうなのだが。
機械研ぎのままだと、軟鉄と刃鉄の刃境線がわからないのかもしれない。
刃先付近だけ、適当な角度で、研ぎやすい裏面を多く研いだ、みたいなかんじだろうか?

必要に応じて側面もちゃんと削って、刃肉を落としましょう。

019_201610250922457d0.jpg

018_201610250922433d2.jpg

研ぎ目がガッツリ残ってるけど、気にしないで(^^;

014_20161025092858abe.jpg

016_20161025092901cf6.jpg

特に槌目仕様の包丁は刃肉がぽってりついてるのが多い。
刃先は小刃をつけていいんだけど、研ぐたびになるべく刃肉も落とすようにしたほうがいい。
刃肉を落として抜けをよくするなんて考えたこともないんじゃないか、と思える研ぎ屋さんの作品をよく見かけるが、500円とかで研ぐとそうなっちゃうのも仕方ないのかなあと思う。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

ナゾの包丁

20年以上前、バブル時代に、関西に住んでいたとき、大阪だか奈良の百貨店でやっていた物産展で買った。けっこう高かった。
とのこと。

002_20161024234814b02.jpg

ずんぐりむっくりしたペティナイフかとおもいきや、

004_2016102423481477e.jpg

片刃なのだ。
同じようなものがほしいのだが見つからない、という。

ずいぶん研いで小さくなった、とのこと。
しかし、中子の太さ、銘の字の大きさのバランスなどを考えると、少なくとも身幅はそれほど極端に減っていないと思える。
柄も交換したそうなので、もとがどんなふうだったのか、想像しづらいのだ。

2~3の研ぎ屋で、片刃は研げない、と言われたそうだ。
片刃が研げない研ぎ屋って・・・(^^;

両刃に改造しないか、と言われたこともあるそうだ。
合わせ包丁を両刃に改造って・・・(^^;;;

イカ裂きぐらいの大きさかな、とも思うが、ちょっと違う気がする。
しかし、研ぎ減ってこの形だとしたら、かなり上手に研がれてきたと見受けられる。
変な研ぎ屋に頼まなくてよかった。
東京では阿佐ヶ谷のしんかい刃物さんにも出したことがあるそうだ。
奈良にお住まいになっていたときには、ご近所に刀の研ぎ師がいて、研いでもらっていたのだという。
3か月で研ぎ直すか半年で研ぎ直すか聞かれて、それに応じて刃付けを考えてくれたそうだ。すばらしい。

005_201610242348154ef.jpg

裏を当ててみたところ、思ったほどにきっちりしているわけでもなかった。
けっこうベタ裏。
とはいえ、ちゃんと裏押しはでている。

006_20161024234827bd5.jpg

001_20161024234813370.jpg

「伝統工芸士 堺 政昭 作」だろうか?いまはもういらっしゃらないと思う。

どういう包丁か、何かご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。

切れ味確認

町中で刃物研ぎをしていると、いろんな人がやってくる。

子供とおじさんは興味深そうに見物していく。
若い男は、あまり近寄って話しかけてこない。お客さんとしても少ないので、生活道具として刃物を使う機会が少ないためではないだろうか。子供以外の女性は、お客さんであっても、研いでいるところにはあまり関心を示さない。しかし、年齢に関係なく、よくしゃべる人が多い。

刃物研ぎについていろいろ突っ込んで話しかけてくるのは、断然おじさんが多い。

「切れ味はどうやって確認してるんですか?」

「えっと・・・」

言葉につまってしまった。
そういえば、さいきん、研いだあと切れ味の確認をめったにしていないことに気付いた。
昔は爪に刃が立つかを確認していた。しばらくして、爪がガサガサになるので、ストローに変えた。
いまは、指の腹で刃先に触れているだけだ。

包丁はあまり確認はしない、と答えると、

「木を薄く削る大工さんは、顕微鏡で刃先を確認していましたよ」

ああ、なるほど。
削ろう会の映像でも見たのかな。

「1000分の1ミリレベルの精度だと指で触ってもわかりませんからね」

しかしそういうレベルの刃先の鋭さは、プラスチックのまな板でニンジン1本輪切りにすると、失われてしまうのだ。研ぎたてのひと切りめの、切れ味を、ものすごく良くするために、高価な砥石を使って、けっこうな時間を費やさなければいけない。

それに、ニンジンを切るときの抵抗は、刃先が触れる部分の結合力だけではない。
たしかに、刃先の厚みが小さいほど、刃先が接触する部分は小さな力で分断することができる。しかしそのあとに、包丁をニンジンの中に押し込んでゆくとき、刃体の側面に受ける抵抗がある。大きくはこのふたつの抵抗を合わせた総合的な抵抗力の大きさが、刃物を持っている手に感じられる「切れ味」の正体なのだ。

仮に、刃先が対象を分断する切断抵抗が、1g/cm2、そして側面抵抗もおなじく、1g/cm2、としてみよう。
刃先を鋭く(=薄く)研ぐと、切断抵抗は小さくなる。1g/cm2から半分の0.5g/cm2になると、側面抵抗と合わせた抵抗力の合計は、2g/cm2から1.5g/cm2、つまりもとの75%に減る。これぐらい抵抗が小さくなれば、切れ味がよくなったと感じられるだろう。
しかし、刃先をさらにどんどん薄くしていって、0.1g/cm2から半分の0.05g/㎝2になっても、側面抵抗は変わらないので、抵抗力の合計は95.5%ぐらいにしか減らない。これではたいして切れ味が良くなった感じられない。たぶん、もともとよく切れていたので、研いだ効果がわからない、といったことになるのだろう。

刃先が薄くなるほど、さらに一層薄くしても、体感的に違いは感じにくくなる。
ところが、薄くするための労力は、実は、薄くなればなるほど大変になってゆくのである。

刃先の切断抵抗と側面抵抗との適正なバランスは、何をどう切るのかということによっても変わる。
カンナで木を削る場合、削り華は紙のようにごく薄く、刃体側面を圧迫することがないので、側面抵抗はほとんど考える必要がないのである。だからカンナのような道具であれば、刃先を極限まで薄く研ぐことにだけ注力すれば、結果が出る。
しかし、木材の表面を平滑に仕上げるというカンナの本来の目的であれあば、これぐらいきれいに仕上がれば十分という合格点があるはずなのだが、削ろう会のように、競技としてより薄い削り華を出すことを目的とした場合、どこまで突き詰めても終わりがない。
このような競技も、実用を逸脱し、バランスという観点のないものになってしまう。

求められるバランスの要求点は、誰が、どんな刃物で、何を、どのように切るのか、といった、条件と目的によって変わるのである。
条件と目的があいまいであるほど、要求点は、点というより大きな円のようになり、許容誤差が大きくなる。
条件と目的が厳密に定位するほど、要求点は小さく絞られる。
観念的になり、目的や条件が現実から逸脱すると、要求点は無限遠に消えてしまう。

包丁についていうと、たぶん私は、刃先については十分すぎるぐらいの薄さまで研ぎ出していると思う。100倍以上の顕微鏡で見るとガタガタしているかもしれないが、一般的な包丁の用途で不満が出るようなことは、まずないはずだ。
側面抵抗の大きさは、実際にものを切ってみなければわからない。これについては、ニンジンやダイコンを用意して刃線全体の切れ味を確認する手間ひまが、現状の研ぎ代ではかけられない。いまのところ、研いだ包丁の切れ味が悪いというクレームがないので、研ぎ代を上げて厳しく検品することは考えていない。ということだ。


「包丁は顕微鏡なんかで見ても意味ないです。とくに切れ味の確認ということはしてませんけど、だいじょうぶです。切れますよ。」

長々とした説明がとっさにまとまらず、そう答えるだけになってしまった。

おじさんは、すこし釈然としない顔をしていた。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

有次菜切

有次の菜切包丁。

001_20160709065033422.jpg

002_1.jpg



研いだあと。

003_201607090650367e3.jpg

004_20160709065039898.jpg


私は手打ちの菜切包丁が好きだ。
たくさん研いできたが、この菜切包丁は普通じゃない。
写真で見てもわからないと思うし、普通の人は手に取ってみてもわからないと思うが、何本も研いでいる者から見ると全然違うのだ。


これ↓は柄から包丁が出ている部分を峰側から見た写真である。

005_20160709081543c00.jpg


手打ちの菜切包丁は多くの場合、↓こんな感じだ。

14_20120828110104.jpg

先にかけて薄く叩き延ばすので、テーパー状に薄くなっていくのである。

そして側面は、

05_20120828103958.jpg

06_20120828103957.jpg

こんな風に程度の差はあるにせよハンマーで叩いた凸凹があるものなのだ。

しかし今回の有次の菜切は側面にもハンマーで叩いた痕が残っていない。
側面は緩やかな曲面になっている。

007_201607090716554df.jpg


これはどういうことか。

鍛造でも柳刃包丁や出刃包丁の多くは側面にハンマーの痕が残っていない。槌目包丁といってわざと鍛造痕を残した(拵えた)ものもあるが、一般的なものは側面が平らで少し凹んでいる。
平らなのは砥石で削っているためだ。
その際にトラックのタイヤみたいな大型の円砥に押し当てて削るので、少し凹んだ状態になるのである。

有次の菜切包丁も、刃境線を見れば鍛造であることは間違いがないのに、側面にハンマー痕が無いということは、削って平らにしているということだ。しかし凹んでいないので大型円砥で削ったのではなさそうだ。もしかするとセンというものを使って手作業ですいているのかもしれない。
ともかく、鍛造した段階では製品より少し厚めに作って側面を削っているのだろうと推察できる。


私はお客さんのものを研いだだけなので、これで使い勝手がいいのかどうかはわからない。
剛性がしっかりしていることは間違いないだろうが、ニンジンやダイコンはウスウスに叩き延ばしたものの方が抜けが良いかもしれない。
わかるのは、手間を丁寧に作られているということだけだ。たぶん値段も高いだろう。

一般の人は、そうそういろんな包丁を見比べる機会は無いから、何年も使い続けてみないと使い勝手がいいとか悪いとかわからないだろうと思う。
それでもあえてこういう高い包丁を買っていくお客さんはエラいと思う。
たぶんこれは京都有次じゃないかな?
もしかすると沖芝さんが打ったものかもしれない。


よく「どういう包丁がいいんですか?」と質問される。
刃物専門店で買うことと、パッと見てあまり特徴が無いけどほかの同じようなものと比べてなんだか高いものを選ぶといい、と言ってある。
包丁にかぎらないけど、手造りの物はいろんな目に見えないところで手を抜くことができるのだ。逆に、高いものは目に見えないところに手が掛かっているものである。永遠に気づかないかもしれないけれど。あれもない、これもない。何も不満が無く、思ったように野菜を切ることができる。そうあるために手がかけられているのだ。

それから、予算の許す範囲でちょっと高いと思えるものを買うべきだ、とも言う。
私が最も良い包丁だと思うのは、お客さんが大事に使い続けてきたであろう気配が感じられる包丁なのだ。
新品の10万円の包丁より、家族のためにたくさんの料理を何十年も作り続けてきた、手に馴染んだ包丁の方が、3000円で買ったものでも持ち主にとては良い包丁だ。
良い包丁というのは、お客さんが買ったあとに作っていくものなのだろうと思う。

安く買った包丁は、どうせ安いから切れ味が悪くても仕方ない、手間をかけて研ぐほどじゃない、買い替えればいい。ということになりがちなのだ。
安い包丁が悪いわけではないが、良い包丁に育ててもらいにくいように思う。大切に使ってもらえない。
そういう意味で、ちょっと予算を奮発して買う方がいいだろうと思うのである。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

また!

また砥石をいただいた(笑)

001_20160709052730bd5.jpg

岩手県産の「夏屋砥」という砥石のようだ。
刀の研ぎ師さんでも使っている方がいるとのことだった。研ぐと鉄肌が曇る。ハガネの包丁には良いと思う。


002_2016070905273309e.jpg

長い青砥。
丹波の青砥と並べてみる↓

003_20160709052735031.jpg

長い・・・

砥石の原石を大きなまま保存しているのはときどき見かけるが、この砥石はあえてこの大きさに切り出していのではないだろうか。
そういえば築地のマグロ屋さんがデカい砥石を使っていた。ただこれは、砥石屋さんに長年展示されていて買い手がつかなかったものを頼まれて買ったのだと言っていたので、マグロ包丁がこの長さの砥石を必要するというわけでは無い。日本刀は普通の大きさの砥石で研ぐ。

中国の方から入手したとのことで、中華包丁を研ぐのでは、とおっしゃっていたが、中華包丁は普通の大きさの砥石で研げる。
中国で産出した砥石なのかもしれない。
粘板岩だろうとは思う。
青砥にはただの泥の塊みたいで簡単に型くずれしてしまうようなものがあるが、これはちゃんと研げる。
ただあまりに長すぎて使いにくいので、切って使うかもしれない。

どうやって切ろう・・・

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

天然砥石

青山熊野神社で仕事をしているとおじいさんが見物にやってきた。
おじいさんといっても腰が曲がってヨボヨボしているわけではなく、所作が控えめで声が小さく黒髪勝ちなムツゴロウさん、といった様子の方である。
しばらく話をして、そのうちフイといなくなり、またしばらくすると紙袋を持って戻ってきた。
紙袋の中にはでっかいアーカンソーストーンが2本入っていた。
アーカンソーストーンはアメリカのアーカンソー州で採れる、別名ノバキュライトといわれる岩石で、大理石のように白くて非常に目の細かい仕上砥石だ。
ライターかマッチ箱みたいな大きさにカットして売られているものしか見たことがなかったのだが、インターネットで現地鉱山の写真を見ると城の石垣にでも使えそうな巨大な塊が路頭していたりする。なぜ小さなものしか売られていないのか正確なことはわからないが、思うに、あちらでは日本式に砥石を据えて刃物を動かして研ぐという習慣が無く、砥石を刃先に当てて研ぐからではないだろうか。
それが、日本の砥石の二丁掛けぐらいの大きさなのである。
聞くと、骨董市巡りが趣味の方で、どこかの理髪店で使われていたもので、日本向けに大きく切り出されたものだろうということであった。戦前のものではないかと思われる。
ためしに薄刃包丁を当ててみたが、キンキンの刃がついた。真っ黒な砥汁が出て、研ぎこむと切刃は曇らずピカピカになりそうな気配であった。なるほど、カミソリなら良い刃がつくかもしれない。しかしカミソリ砥ならもう少し小ぶりな方がいいかもしれない。
残念ながら写真は無い。

その翌々週。

こんどは現代の刀工の技法と作品に関する本を一部コピーしたものを、あげる、と言って持ってきてくれた。
やや古びた様子から、私にくれるためにコピーしてきてくれたというわけではなく、コピー自体を以前から持っていらっしゃったのではないかと思われる。
かなり面白い。
周辺の図書館には置いていなさそうなので、不足するところは国会図書館で閲覧したいと思う。

またしばらく話をしたあとフイと立ち去って、夕方近く、紙袋をふたつ持って再び現れた。
紙袋の中には天然砥石が数本入っていた。
くれるという。
残念ながら天然砥石にはあまり詳しくないし、普段家庭用包丁を研ぐのにはほとんど使わないし、よくわからないなりにも高そうなものもありそうなので、私にくれるよりオークションででも売ったらどうですか?とも言ってみたのだが、かまわない、好きに使っていいと言うので、ありがたく頂戴した。

001_20160605140206e9b.jpg


いちばん左は、天草の赤かな?
天草砥は今でも熊本の天草地方で採掘されていて流通量が多く、貴重な砥石というわけではない。
002_20160605140207b72.jpg

天草砥には「赤」と「白」の二種類あって、赤茶色っぽくて積層模様が濃い「赤」の方が少し目が粗い。「白」は私も持っている。よく締まった程よい硬さの中砥石で、小さい欠片にして錆などを磨くのにいちばん有用な砥石だ。備水という名前でよく売られている。
しかしインターネットで天草砥の赤の写真を見ると、積層模様の感じが何か少し違うように思えた。天草の赤は積層の線が細かく波打っているものが多いが、この砥石はまっすぐなのだ。
伊予砥の欠片を持っているが、それに似ている気がする。
伊予砥だとするとこんな大きなものは見かけないので、貴重なものじゃないかと思う。
ギター製作をされている田中清人さんのブログに、沼田砥で同じような積層模様のものが紹介されている。
ほかにも似たような砥石が各地にあるようだ。
伊予砥と天草砥は種類の違う岩石なので成分分析をすれば大まかな区別できるんじゃないかと思うが、当然そんな装置も能力も無い。
けっきょく何の砥石だかよくわからない。
研いだ感じは砂ツブが出てきて鉄肌に引っかき傷をつける(地を引く)ようなこともないし、泥ばかり出て型くずれが早いということもない、予想よりきれいに研げる良い砥石だった。


左から二番目は、沼田砥だそうだ。
沼田砥は群馬県の沼田で採掘していた中砥石だ。昔は産出量が多く関東では数多く出回っていた砥石らしいが、今は採掘されていない。はじめて現物を見た。
上述の田中清人さんのブログでは沼田砥もバリエーションが多いようなので、相当詳しい人じゃないと判別できないと思う。

003_20160605140208569.jpg

水をかけるとグレイに見える斜めの筋が青緑っぽくなる。
砥粒を感じないねっとりした砥泥が出る。
鋼が削れた証拠である黒っぽい砥汁が出るのでちゃんと研げていることがわかる。
もしかすると仕上砥石なみに細かく研げているのではないかと思って砥石に当てた切刃を見ると、かなりはっきり研ぎ傷が残っていた。
おそらく深い傷ではないだろうけど、なるほど中砥だなと得心した。


左からみっつめは「大平の蓮華」とのこと。
004_20160605140212418.jpg
005_201606051402112d2.jpg

ワケアリで、真ん中で半分に割れたのをくっつけたそうだ。
006_20160605140229a46.jpg

包丁を当ててみたかぎり割れ目で筋を引くようなことは無かった。
包丁で問題が無くても軽くて小さい刃物だと引け傷がつくものがあるので、いろいろ試してみたい。
真っ黒に近い焦げ茶の砥汁が出た。
悔しいことに、北山8000番より圧倒的に鋭い刃が簡単についてしまう。


右4つのうち、右上と左下の薄い仕上砥。
中世中山砥石、というみたい。
008_20160605140232fba.jpg
009_20160605140233251.jpg
007_20160605140233634.jpg
010_20160605140235425.jpg

さざれ銘砥さんの砥石だそうだ。
表の判のかすれ具合からほとんど使われていないことがわかる。
薄いので無駄に使うのがもったいなく、まだ試してない。
剃刀とか小刀とか彫刻刀みたいな、小さいものを研ぐときに使ってみる。


右四つの左上のコッパ。
011_201606051403019ac.jpg

012_20160605140302cc4.jpg

針気がある。実用上は何の問題も無い程度だが。
柔らかめの刃物を当てるといいのかな?


右下、広い面で薄い砥石。
内曇り砥だそうだ。
013_201606051403042b1.jpg
015_20160605140305d62.jpg

内曇り砥石というのがどういう砥石なのか、まあ仕上りが曇るということなんだろうけど、そうでないものと比べたことがないのでよくわからない。
昨日集配のときに見かけてたまたま覗いてみた御徒町の坂井砥石さんによると、仕上砥石の中では少し粗めの砥石だそうだ。


たまたまお客さんのステンレスのダマスカス包丁があったので当ててみた。

【BEFORE】
市販の回転研ぎ機を当てて刃線際にヤな傷がついている。
017_20160605140355a4c.jpg

【AFTER】
ステンレスだけどいい感じになっちゃった。
019_201606051403578d7.jpg

018_20160605140355876.jpg

貴重な天然砥石をご家庭包丁の研ぎに使っちゃっていいのかなぁという気もするのだが、使いなさいということで譲っていただいたのだと思うので、ちょっと良さげな刃物にはガンガン使ってみるつもりだ。
天然仕上砥石専用の研ぎ桶でも作って砥泥収集しようかなあ。

テーマ : 包丁研ぎ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

BROさん

Author:BROさん
東京都練馬区の研ぎ師です。
営業案内
ご依頼はこちら
ご意見・ご質問はこちら
ご利用頂いたお客様からのご意見ご感想はこちら

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク